東海岸の視察・研修旅行総合オペレーターS.E.T.NEW YORK,INC

マイアミ

マイアミ

アメリカ合衆国でもっとも南にある大都市マイアミ。南米の雰囲気が味わえ、セカンドライフの場所としても人気のリゾート地。フロリダ州の南端に位置する主要な都市である。マイアミとその都市圏はマイアミ川・ビスケーン湾・エバーグレーズ・大西洋に囲まれた地域に位置している。同市はフロリダ州最大の人口を誇る郡であるマイアミ・デード郡の郡庁所在地、かつ最大都市。2010年、アメリカの外交専門誌フォーリンポリシーにより、世界第33位のグローバル都市に選ばれている。

一口に「マイアミ」と言ってもその範囲は広く、またその性格も多様性に富んでいる。マイアミビーチ市は世界的に有名な観光都市・保養都市であるが、マイアミ市は大規模なダウンタウンが展開する商工業都市であり、重要な港湾都市でもある。また、キューバに近いという地理的条件から、南郊のホームステッド市に大規模な空軍基地を抱えるなど、軍事都市としても重要である。また、南西郊のコーラルゲーブルス市は名門マイアミ大学を抱え、富裕層やリタイア層の多い高級住宅地である。一方、北西郊のハイアリア市はヒスパニック系の住民比率が全米で最も高い、貧しい地域であるがそれがまた味でもある。

基本情報

身分証明書ID アメリカでは大事なドキュメントを扱う際、 最初に身分証明書が必要となります。州や市によって飲酒可能年齢は変わりますがマイアミでは、21歳末満の飲酒は法律上禁止されています。お酒を購入したり飲んだりする際、又はバーへ行く際、他にはトラベラーズチェックを利用する際に身分証明書の提示が必要です。IDと言われたら、写真付の身分証明書、つまりパスポートや免許証を提示してください。残念ながら日本の免許証は西暦表示ではないので使えません。忘れると話しさえ聞いてくれません。バーの入場も不可となります。
税金 TAX マイアミを含める Miami Dade 郡は 6.5%です。アウトレットのある Sawgrass の Broward 郡は 6%です。ですが、マイアミビーチやバルハーバーは、ホテル以外のレストランでもリゾート税が 3~4%つくようです。一般的にレストランでのチップはトータル分の約15%~20%です。”Gratuity”や”Service Fee”などがレシートに書いてある場合は既にチップが含まれていますので払う必要はありませんが、忘れると日本人はケチだと思われがちなので気をつけましょう。
電圧 米国内では110ボルトを使います。日本の電気製品はアメリカでだいたいそのまま使えます。変圧器があれば良いですが、携帯、カメラの充電器、ドライヤーなどは短時間であれば大丈夫!
日本からの
便数と時間
経由便:所要時間約18時間~20時間半
平均気温
(℃)
時差 サマータイム時:日本時間マイナス14時間
レギュラータイム時:日本時間マイナス13時間
※サマータイムは4月の第1日曜から、10月の最終日

 

 

観光スポット

マイアミビーチ

大西洋沿いに続く白い砂浜とヤシの木。海沿いには高層ホテルが背を競っている。マイアミ市からビスケーン湾の北端部をはさんで東側にあり、南北に細長い。マイアミ市とは別市であるが橋でつながり、通称マイアミと呼ばれることもある。

リトルハバナ

カストロ政権の誕生とともにマイアミへ移ってきたキューバ人がコミュニティを作った地域。数多くの葉巻工場やキューバンレストランなどが集まっている。 一味違ったアメリカを体験することができる。

アールデコ地区

エメラルドの海とマッチするかわいらしい地中海風の建物が並ぶ。アールデコ様式の街並み。一般にアール・ヌーヴォーの時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカに発展した装飾の一傾向。原義は装飾美術。幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現などの特徴を持つが、その装飾の度合いや様式は多様で、この地域には今現在も多数面影が残っている。写真はベルサーチの家である。

コーラルゲーブルス

ロサンゼルスのビバリーヒルズのようなマイアミのコーラルゲーブルス。隣町に独立した行政区域がある。ゆったりと広い道路に屋敷内をさりげなく目隠ししている街樹。広い道路、緑濃い街路樹、地中海スタイルの大邸宅が並ぶ。道行く人も、観光客より地元のおしゃれな若者が多い。珊瑚石の石切場跡を利用して造ったベネチアンプールや、スペイン風タワーが美しいビルトモアホテルなどもある。

コーラルキャッスル

すべてが珊瑚で作られた城、コーラルキャッスル。エドワード・リズカーニン(1887-1951)という男性が愛する女性の為28年かけて一人で作った。重さが9トンの門は指一本で開閉できるという仕組み。珊瑚で作られたロッキングチェアーや、月のモニュメント、日時計、天体観測機、お仕置き部屋、ハート形のテーブル等、随所に狂気と愛の入り交じる不思議な造形物が佇む。1100トンもの珊瑚をどうやって海から運び、椅子やテーブルに至るまでをたった一人でどうやって作り上げたのかを知る人は誰もおらず謎に包まれているという。

ココナッツグローブ

マイアミの高級住宅街。緑一杯の街路樹の奥に立派な家が建ち並んでいる。高級ブティックのショッピングエリアもあり、マイアミらしい遊び心いっぱいのカジュアルな店が沢山ある。ショップやレストランの造りを眺めているだけでも気分のいいところだ。路上駐車している車もピカピカの車が多く、まるで展示会のよう。ココナッツグローブを訪れるなら是非週末に行く事をお薦めする。 平日はリッチな奥様方が多い静かな街が週末になると若者が集まって活気に満ちる。

ビスケーン国立公園

フロリダ州の真東、フロリダの南部ホームステッド市にある国立公園である。公園はビスケーン湾を保護しており、ここは米国屈指のスキューバ・ダイビングスポットである。公園の95%は水域である。加えて、湾岸には広大なマングローブ林が広がっている。公園の広さは700 平方キロメートルで、公園を訪れる人は年間608,836人にのぼる。公園内最大の島エリオット・キーは、サンゴから形成された真のフロリダ・キーズ(フロリダ礁島群)の最初のものと考えられている。公園内のずっと北の島々は、珊瑚と砂から島になる過渡期にある。

エバーグレーズ国立公園

Everglades National Parkは、 エバーグレーズの南部(タミアミ街道の南すべて)を保護しているが、元の湿原地帯のわずか20%に相当するのみである。公園の面積は6,105平方キロメートルで、世界遺産となっている。 主要部にアクセスする唯一のハイウェイはフロリダ州道9336号線と公園内へ続く延長道路で、 フロリダ市からフラミンゴの海岸まで61キロメートルを走っている。 ビジター・センターとその他の小規模な公園施設を除き、公園内は開発が行われていない。自然保護区域は、2003年に、5,247平方キロメートル。すなわち公園の約86%をカバーするように指定された。 1979年10月24日にはユネスコの世界遺産に、1987年6月4日にはラムサール条約登録地としてリストアップされた。

バス美術館

14世紀から現代の師匠による絵画をはじめとして、質の高いタペストリー、彫刻・彫像、家具などが収蔵された美術館。前身はマイアミ初の美術展用公共スペースとして建てられたマイアミビーチ図書館美術センター。バス夫妻、ジョーンとジョアンナが膨大な美術品を寄付した事がきっかけとなって1964年名を改めた。建物のデザインはアールデコ風。外壁は珊瑚岩で造られ、熱帯林に囲まれた庭園は日本の植木職人の手によるもの。磯崎新設計による巨大な新館もある。館内にはルネッサンス期の宗教画をメインにルーベンスの代表作の一つである「聖家族」、デューラー、レンブラント、ロートレック、日本の19世紀の浮世絵なども展示されている。レクチャー、フィルム、コンサートなどの活動も盛んで、マイアミに関する特別展などもしばしば展示される。

ヘミングウェイの家

1851年に建てえられた豪邸で、1931年にキーウエストへやってきた文豪アーネスト・ヘミングウェイが買い取った。彼は膨大な金をかけて庭に樹を植え、キーウエストで初めての真水のプールを造らせた。建築費は2万ドルを要したというプールが完成した時、彼がコインを取り出してプールサイドのまだ乾いてないセメントに押し付け「さあ、これで最後の1セントまで使い果たしてしまった」とジョークを言ったというのは有名な話だ。今もそのコインが残っている。邸内には書斎や、彼がスペインやアフリカから持ち帰った調度品が残されている。ピカソから贈られた陶製の猫も未だ残っている。

 

キーウエスト/フロリダキーズ観光スポット

セブンマイル・ブリッジ

海を越える道、オーバーシーズハイウェイの白眉ともいうべきセブンマイル・ブリッジはマラソンの街が終わると同時にいきなり始まる。ボーっとしていると見逃しかねないので、マイルマーカー48を過ぎたら心の準備をしておこう。全長10.86kmで視界の上半分は空、下半分はコバルトの海。 またお隣にはビッグパインキー、島内にはフロリダキーズでは珍しい松の木が続いている。そしてここは絶滅の危機に瀕している3種類の3種類の動物、キーディアー(鹿)、わたおうさぎの一種ローワーキーズマーシュラビット、オオシラサギの保護区として知られている。

★レンタカー★

セブンマイル・ブリッジを乗り終えてからさらに1時間30分ほど、マイアミビーチから4~5時間でキーウエストに到着する。島へ入ったらすぐにUS-1の標識に従って右折したところが、モーテルが集中するルーズベルトブルバードだ。せっかくなのでUS-1を最後まで走ってみるといいかもしれない。道はTruman Aveと名を変えてダウンタウンに入ると町に入る。

 

ホテル

スタンダードホテル
Holiday Inn Port of Miami Downtown
340 Biscayne Boulevard, Miami FL 33132
(305)371-4400
Courtyard Miami Beach South Beach
1530 Washington Avenue, Miami Beach, FL 33139
(305)604-8887
Park Central
640 Ocean Drive, Miami Beach, FL 33139
(305)538-1611
The Mimosa Hotel
6525 Collins Avenue, Miami Beach, FL 33141
(305)867-5000
デラックスホテル
Eden Roc Renaissance Resort & Spa
4525 Collins Avenue, Miami Beach, FL 33140
(305)531-0000
Fontainebleau Miami Beach
4441 Collins Avenue, Miami Beach, FL 33140
(1800)548-8886
Miami Marriott Biscayne Bay
1633 North Bayshore Drive, Miami, FL 33132
(305)374-3900
Four Points by Sheraton Miami Beach
4343 Collins Avenue, Miami Beach, FL 33140
(305) 531-7494
エクセレントホテル
Lowes Miami Beach
1601 Collins Avenue, Miami, FL 33139
(305) 604-1601
The Ritz Carlton South Beach
One Lincoln Road, Miami Beach, FL 33139
(786) 276-4000
InterContinental Miami
100 Chopin Plaza, Miami FL 33131
(305)577-1000
Mandarin Oriental Miami
500 Brickell Key Drive, Miami, FL 33131
(305)913-8383

※お客様のご予算、目的、ニーズに応じお見積もりからお手配まで致します。市内から郊外までのホテルを少人数からグループまでお手配します。

PAGETOP
Copyright © S.E.T.NEW YORK,INC All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.